2008年07月11日

一生分の

こんばんは。
裸の大将ルックを地でいく 25歳、男 です。
好きな食べ物は、す、す、スウィーツなんだな。う、うん。

さて、浅草は昨日、一昨日と「ほおずき市」が開催されました。
浅草雷門はいつも以上に人、人、人。
仲見世、浅草寺境内は ほおずきを売るお店とその他の露店が連なり、人で溢れかえっていました。
私たちがいつもどおり雷門前に立っていると、ほおずきを手にして帰る方がほとんどでした。
手ぶらで歩いているお母さんに「ほおずき買わなかったんですか?」と、尋ねてみたところ「【雷除け】を買ったのよ。」との答え。
昔、落雷があった農家で【赤とうもろこし】が吊るしてあった農家だけ無事だったそうで、【雷避け】として【赤とうもろこし】が売られるようになったそうです。
ところが、明治にはいって不作になる年があり出店ができなくなったそうです。
それでも人々の需要が絶えなかった為 現在これに代わる、三角形の「雷除守護」の札を竹串ではさんだものが浅草寺から出されるようになったそうです。
んなるほど。
ほおずき市では、こんなありがたいものも売られているんですね。
「おうちの一番上の階の鴨居の上に置くといいのよ。」とお母さん。
群馬からいらっしゃったわりにお詳しい。御見逸れしました。

20080710155528.jpg

この日に章ちゃんがお乗せしたお客様から、浅草名物「人形焼」の差し入れが。
しかも有名な「紀文堂」さんのじゃあーりませんか!
んんー!んまいーー!!濃ゆいぃぃ!牛乳ちょうだーい!!
そしてこの顔、なんかオレっぽいぃぃ!
す、す、スウィーツあれば、い、いいんだな。
あ、あ、甘いけど醤油顔なんだな。う、うん。

20080710230329.jpg

この日の仕事終わり、ほおずきを手にしている通行人に
「今、ほおずき500円で買ってきたよっ。」
との情報をいただき直ちに浅草寺境内へ向かう 道産子ファイター と 半裸の大将。
夏に流行する疫病を寄せつけねぇ音色を持つという言い伝えのある 風鈴 まで付けてもらって、見事1,000円で二つのほおずきをGET!!道産子GET!!

そういえば、ほおずき市は「四万六千日」とも呼ばれ、この日にお参りをすれば 一生分の参拝に相当するご利益がもらえるそうです。わお!するの忘れた。
ちなみに四万六千、この数字はどこからきたのかといいますと、一生 が 一升 と転じて、一升の中に入る米粒の数が丁度この数字だったから だとか。
んなるほど。以上、半裸の大将豆知識でした。

この日の記念に一枚ということで最後に写メを添付します。
・・・一生分のバチが当たらないことを祈ります。

20080710224253.jpg

【ディラン・マッケイ】

written by みつ

人気ブログランキングへ

posted by 車 伸一 at 21:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
早く教えてくれればいいのに↓ ホオズキ市がそんなバリューセットみたいなご利益があるなんて↓今日暑いけど 行こうかと思ったんだが。。。ウォーリーを探すように探してみて下さい(笑)
Posted by 竜 at 2008年07月12日 13:35
研修なようなので、アイス差し入れ 徳さんに渡しておきましたε皆様でどぞИ でわでわ
Posted by 竜 at 2008年07月12日 16:34
コメント遅れて大変申し訳ありません!
差し入れありがとう御座います!
今からみんなで仲良く喰います!都会のオアシスやー!
これからは早めにブログ書きますんで!浅草にこれからもお越しくださいませー。
Posted by みつ at 2008年07月12日 18:32
やだ(笑)
Posted by 竜 at 2008年07月12日 19:59
しゅん。
・・・てへっ(←きもっ)
Posted by みつ at 2008年07月12日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16849252

この記事へのトラックバック